logo

3.床板貼り

作業ダイジェスト
P1030351

床板ネジ位置決め用ジグ。

床板を根太にコーススレッドで止めるとき、ネジ位置を等間隔にするためのジグ。きれいにネジ頭が並ぶといい仕上がりになります。

床板と等幅の木片に、コーススレッドを打ち込む位置に木片の厚さより長いネジを打ち込みます。

 

P1030350

ネジ位置決め。

根太の位置にジグを合わせて押し込むと、飛び出たネジの位置に小さいくぼみがつきます。ここにコーススレッドを打ち込むと全て等間隔に。要は、ポンチと一緒。

 

P1030354

コーススレッド打ち込み。

マークされた位置にコーススレッド(ステンレス)を打ち込んで、床板固定。

 

P1030353

床板間隔あけ用ジグ。

5mm幅の合板を使って、ジグを作成。これを並べた床板で挟み込むと5mm幅の等間隔で固定できます。

P1030355

サブデッキの床板固定。

サブデッキの床板を固定した後、長さを合わせて端をカット。

 

P1030356

メインデッキは家側から。

黙々と作業・・・。

P1030360

勝手気ままな娘たち。

だんだんデッキっぽくなると、当然娘たちが黙っていませんでした・・・。

P1030384

束柱部分の加工。

束柱の部分にきちんと収めるため、束柱の大きさに合わせて加工します。

P1030391

2枚の床板を加工。

現場合わせで作業していったら、2枚の床板の加工が必要でした。結構面倒くさかった・・・。

P1030393

束柱部分の状態。

こんな感じにスッキリ収まりました。

P1030396

床板貼り完成。

メイン、サブデッキともに結構きれいに貼れたと思います。自己満足ですけどね。

関連ブログ記事

アメーバブログの関連記事へのリンクです。制作手順や子供たちが使っている様子などを紹介しています。

楽天市場